So-net無料ブログ作成

とりあえずマウンドが汚されなくてよかった ⇒ 「日本力見せつけ世界一」侍ジャパン凱旋 [スポーツ]

ところで昨晩報道ステーションで古舘キャスターが興味深いことを言ってました。
小学生からFAXが来て「日本が勝ったら日の丸だけでなく韓国の旗も一緒に立てて欲しい」と言ってたので是非そうして欲しいとコメントしてました。
 果たして本当にそんなFAXが届いたのかはさておき、結果 日本が勝っても旗を立てることはありませんでした。
 それは神聖なグランドに国旗など立てることは相手に対しても野球というスポーツに対しても許されない行為というのを日本人は分かっているからです。
 今回日本が勝ったのは素直に喜びたいですがそれよりも野球というスポーツがマウンドに国旗を立てるような国に優勝しなかったことに安堵しています。
 アメリカ戦で原監督のコメントこそが印象に残りました。「勝ったことでアメリカを越えたとは思っていないが気にされる存在にはなったと思う。」敗者をいたわる素晴らしいコメントでした。
 「イチローを敬遠しなかったのが敗因だ」と選手を責める(サインミス?!)監督との器の差が出たと言ってもいいでしょう。


http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=mai&aid=20090325-570-OYT1T00970




「日本力見せつけ世界一」侍ジャパン凱旋
成田空港に到着し、ファンの歓迎を受けるWBC日本代表の原監督ら=鷹見安浩撮影   野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2連覇を果たした日本代表が25日夜、チャーター機で帰国した。
 成田空港の到着ロビーには約1200人のファンが出迎え、快挙を成し遂げたサムライたちをたたえた。
 原辰徳監督(巨人)を先頭に、ダルビッシュ有(日本ハム)ら選手たちがロビーに姿を見せると、ファンから「おめでとう」「よくやった」「ご苦労さま」などと大歓声。ファンの前を通っていった選手たちは、手を振ったりして笑顔で祝福に応えていた。イチロー(マリナーズ)や松坂大輔(レッドソックス)ら大リーグ組は、開幕に備えて米国に残った。
 直後に行われた記者会見で、原監督は「正々堂々と世界のつわものを相手に世界一になって日本に戻ってくることができました。気力と粘りの日本力を見せつけて勝てたことに、監督として誇りに思う」と喜びを語った。

- 読売新聞 [03/25(水) 21:58]
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

出張者

yoshinoさん:niceありがとうございます。

by 出張者 (2009-03-27 23:02) 

yoshino

コメントありがとうございます。
by yoshino (2009-03-29 17:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。